ブラックヘッドのペンブロークのまろとニキ、そして癒し系カーディガンのモカのことをゆるりと語ります


by sato-cogi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

まろ ♀
2000年12月30日生
出生地:群馬県



モカ ♀
2002年3月10日生
出生地:三重県



ニキ ♀
2008年2月13日生
出生地:愛知県


↓メールはこちら↓


管理人satoの写真ブログ
iPhone sweets

お友達リンク
●いやしんぼコーギー
●AppareCorgisBlog
●足長コーギー マリンのひらき
●コーギーな生活へようこそ
●コーギーズヘッドのBlog
●陽だまりの中で



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村 犬ブログ ウェルシュ・コーギー・カーディガンへ
にほんブログ村
ランキング参加中

ブログパーツ

頚椎椎間板ヘルニアの診断

4/6の検査では異常が見つからず、その後もなんとなく元気がないモカ。

できるだけ異変を見逃さないよう観察していたら、4/12様子がおかしくなってきた。
目つき(表情)がおかしくなり、ヨダレがポタポタと落ちている。
伏せたまま体をこわばらせ、心配になってモカを撫でたら体が小刻みに震えている?
一瞬、てんかんかもしれないと疑った。

見た目にはわかりづらかったけど、小刻みに震えているのは首の周りだけ。
ちょうど首輪をするあたりの筋肉がピクピクと痙攣しているような感じ。
触らないとわからないくらい微細な動き。
15分ほどするとおさまった。まるで発作のようなこれはいったいなんだったんだろうか。
体中触ってチェックをしても痛がる様子もない。

この発作のような状態が、日に1回~2回繰り返すようになったので、
4/14病院に行き、症状を説明して頚部を中心にMRIをすることになった。
結果は、頚椎椎間板ヘルニア。
c0222816_16553036.jpg




画像での説明を受け、重度であり、飛び出した椎間板は破裂した状態。
いわゆるハンセンⅠ型。

治療法として、
・投薬で痛みを抑える内科療法
・外科手術で飛び出した椎間板を除去

外科手術は90%の確率で回復すると言われた。
手術内容は
突出した椎間板に圧迫している脊髄神経を開放するために骨の一部をドリルで削り、
飛び出している椎間板を除去する方法

腰よりも首のほうが脳に近いうえ、出血が多いため手術のリスクがあがるそうだ。
費用は2週間の入院費を含め35万。

当然、投薬で痛みを取るのは根本治療ではなく、飛び出した椎間板はまたいつか再発する
リスクは高いそうだ。
しかも、現時点より悪化する可能性もある。


飼い主として、モカに最善の選択をしたいと思うけど、なかなか決めかねてしまう。
こないだあるテレビドラマの中で「犬は自分で生き方を選べない」と言っていた。
本当にその通りだ。
私が今、一番望むことは、モカの痛みを取り除いてあげたい。
そして叶うなら、また一緒に走ることができるようにしてあげたい。
c0222816_17241214.jpg

by sato-cogi | 2011-05-24 17:24 | 椎間板ヘルニア

カテゴリ

全体
日常
犬とのことあれこれ
おでかけ:日帰り
おでかけ:旅行
病院の記録
その他
椎間板ヘルニア
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

最新の記事

マンチカン大福、チョッキンし..
at 2012-03-18 19:10
モカ、念願の10歳を迎えて
at 2012-03-10 10:05
お雛さまシスターズ
at 2012-03-03 17:14
めでたく4歳になったけど・・..
at 2012-02-14 22:37
ニッたんの里帰り Part1
at 2012-02-11 20:23

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧