ブラックヘッドのペンブロークのまろとニキ、そして癒し系カーディガンのモカのことをゆるりと語ります


by sato-cogi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

まろ ♀
2000年12月30日生
出生地:群馬県



モカ ♀
2002年3月10日生
出生地:三重県



ニキ ♀
2008年2月13日生
出生地:愛知県


↓メールはこちら↓


管理人satoの写真ブログ
iPhone sweets

お友達リンク
●いやしんぼコーギー
●AppareCorgisBlog
●足長コーギー マリンのひらき
●コーギーな生活へようこそ
●コーギーズヘッドのBlog
●陽だまりの中で



にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村 犬ブログ ウェルシュ・コーギー・カーディガンへ
にほんブログ村
ランキング参加中

ブログパーツ

カテゴリ:椎間板ヘルニア( 8 )

モカのPLDD経過について

モカのPLDD治療から5ケ月が経ったので、覚え書きを兼ねて。

治療直後の1ヶ月間(5月)は週1ぐらいのペースで首の痛みが出て、そのたびに鎮痛剤を飲ませる。
2ヶ月が経過した頃になると、痛みが出る頻度が減り、今ではほぼ通常の生活が
送れるレベルまで近づいたように思える。
最後に痛みが出たのが6月9日。
それから現在に至るまで痛みは全く出ていない。

すごいぞ、モカぴ!

しかも以前は、体をブルブルと振る時に、首に違和感(痛み)があったせいなのか、
遠慮がちに弱々しく振っていたんだけど、今はしっかりとぞんぶんに振ることができる。
うん、とってもいい傾向じゃないか♪

かかりつけの病院では、PLDDはモカの症状(ハンセンⅠ型)には効果は期待できないと
バッサリ切られ、凹んでいた時期もあったっけ・・・
世の中には教科書通りじゃない結果もあるってことだ。
今になってみて、こうして痛みが取れただけでもPLDDをやってよかったと思える。

PLDDは、動物ではまだまだ未知の治療法で、治療成績が少なく効果がつかみにくいけれど、
「病気を治す」ことも大事だけれど、なによりモカが笑顔で過ごせることが飼い主にとっての喜び、基本だ。

わざわざ遠方のK動物病院まで行ってPLDDを受けたことは無駄じゃなかったよ。
ありがとう、K先生。
c0222816_20551453.jpg

ちょびベロだったら可愛げあるけど、これはちょいと出過ぎですよ。

ランキングに参加しています。よろしければ応援のポチッ!をお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ウェルシュ・コーギー・カーディガンへ にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
by sato-cogi | 2011-09-27 21:12 | 椎間板ヘルニア

PLDD一ヶ月後の経過

4/29にPLDDを受けてから一ヶ月間安静にしている間のモカの様子について。
1週間から10日ぐらいのスパンで痛みが出る。
この1ヶ月以内で3回の痛み止めを服用。
痛みの度合いは術前に比べて軽いように思えるけど、痛みが出るとうずくまって、
歩調もゆっくりになる。
痛みに耐え、なるべく動かないようにしているような様子。麻痺は出ていないと思う。
なるべく薬に頼りたくないけれど、やっぱり必要な時は必要。
だから痛みが出たら薬を飲ませる。

続きはこちら
by sato-cogi | 2011-06-09 22:52 | 椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア-PLDDを受けて-

モカ頚椎ヘルニアの発症から約3週間後、4/29いよいよPLDDを受ける日。
GWの初日だったこともあり、前日の夜に出発し、翌朝の予想を超える渋滞に
はまりながら、なんとか無事にK動物病院に到着。

続きはこちら
by sato-cogi | 2011-06-07 23:03 | 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの治療の決断まで

PLDDが国内ではまだ限られた病院でしか施術されていないので、情報量が少なく、
関東の病院では残念ながら見つからなかったので、ちょっと遠かったけれど
ダメもとでPLDDの治療に力を入れているK動物病院に問い合わせてみた。

モカがハンセンⅠ型であり、PLDD対象外であることを説明したところ、
「ハンセンⅠ型でも、治療が有効な場合もあります。もし画像データを見せてもらったら、
診断できますよ。
それと、ヘルニアに至った経緯をメールで教えてください。」との回答。
まだPLDDができると決まったわけじゃないのに、電話越しの先生の穏やかな口調が、
どんなにか救われたことか。
淡々と、言葉少なではあったけれど、とても好印象だった。

続きはこちら
by sato-cogi | 2011-06-01 00:33 | 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの第3の治療法について

今、椎間板ヘルニアの治療法は外科手術か内科治療(鎮痛剤+安静)によるものが一般的で、
モカの現状を考えると、外科手術をすることがいいのだと思う。
薬で痛みを抑えて生活することもできるけど、過去に抗がん剤を2年間も飲んでいた
モカにこれ以上、薬に頼らせたくない。
これまで肝臓に負担をかけてきたので、また薬を常用するのは嫌だった。

そんな時、インターネットでヘルニアの手術について調べていたら、PLDDという治療法を
見つけた。
動物で行われているのはごくわずかの病院で、関東ではほとんどやっていなかった。

続きはこちら
by sato-cogi | 2011-05-30 00:01 | 椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアの診断

4/6の検査では異常が見つからず、その後もなんとなく元気がないモカ。

できるだけ異変を見逃さないよう観察していたら、4/12様子がおかしくなってきた。
目つき(表情)がおかしくなり、ヨダレがポタポタと落ちている。
伏せたまま体をこわばらせ、心配になってモカを撫でたら体が小刻みに震えている?
一瞬、てんかんかもしれないと疑った。

見た目にはわかりづらかったけど、小刻みに震えているのは首の周りだけ。
ちょうど首輪をするあたりの筋肉がピクピクと痙攣しているような感じ。
触らないとわからないくらい微細な動き。
15分ほどするとおさまった。まるで発作のようなこれはいったいなんだったんだろうか。
体中触ってチェックをしても痛がる様子もない。

この発作のような状態が、日に1回~2回繰り返すようになったので、
4/14病院に行き、症状を説明して頚部を中心にMRIをすることになった。
結果は、頚椎椎間板ヘルニア。
c0222816_16553036.jpg


続きはこちら
by sato-cogi | 2011-05-24 17:24 | 椎間板ヘルニア

元気のないモカ

4月6日のこと。
最初にモカの異変を感じた日。

いつものように、仕事から帰って夕方の散歩。
モカの歩き方がなんとなくおかしい。
でもビッコをひくわけでもなく、普段より歩調が遅い気がした。

家に帰っても、なんとなく元気がない。
食欲はあるけれど、ご飯前のはしゃぎっぷりがトーンダウンしている感じ。
よく見ると、どんよりと落ち込んだ表情。

私の気のせい?いや、気のせいじゃない。

続きはこちら
by sato-cogi | 2011-05-21 20:07 | 椎間板ヘルニア

突然やってきたモカの異変

久しぶりの更新。

できれば、楽しい話題にしたいのだけど、飼い主の記録としてモカのことを書くことにしました。
4月に入って、モカが椎間板ヘルニアになってしまいました。
腰ではなく頚椎部分での発症だったので、ヘルニアだとわかるまで時間がかかりました。
ダックスほど多くないと聞いていたけど、コーギーの発症も珍しいことではない病気。

よりによって、なんでモカなんだろうか。
悪性リンパ腫を乗り越えて頑張ってきたのに、もうこれ以上試練を与えないで欲しいよ神様。

これから発症から治療まで、少しずつブログにUPしていく予定。

                 痛みに耐えるモカぴ。↓
c0222816_190597.jpg

by sato-cogi | 2011-05-17 19:08 | 椎間板ヘルニア

カテゴリ

全体
日常
犬とのことあれこれ
おでかけ:日帰り
おでかけ:旅行
病院の記録
その他
椎間板ヘルニア
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

最新の記事

マンチカン大福、チョッキンし..
at 2012-03-18 19:10
モカ、念願の10歳を迎えて
at 2012-03-10 10:05
お雛さまシスターズ
at 2012-03-03 17:14
めでたく4歳になったけど・・..
at 2012-02-14 22:37
ニッたんの里帰り Part1
at 2012-02-11 20:23

最新のトラックバック

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧